Bitcoin とは?

ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にするとされている。ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、P2Pネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされるとされている。初期の通貨流通や、二重支払いの検知のためプルーフ・オブ・ワーク・システムが用いられているとされている。

ビットコインは中本哲史[7](サトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto))[8]を名乗る人物によって投稿された論文[9]に基づき、2009年に運用が開始された[10]。 支払いの際に売買間の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、 買い手は公式トランザクションログ、blockchainの更新を要求する[11]。 全トランザクションリストには所有履歴が記載されており、分散ネットワークにより検証されているとされている。 ネットワーク参加者達は採掘者として知られ、取引手数料や造幣収益を得ている[12]。参加者達は、パソコン、モバイル端末、あるいはWebアプリケーション上のウォレット(財布)ソフトウェアを使ってビットコインの受け渡しを行う。ビットコインは、採掘、もしくは商品・サービス・他の通貨との交換を行うことにより入手できる。

実在する硬貨の購入も可能であり、(電子通貨と異なり)硬貨を分解することで秘密鍵を明らかにできる[13]

違法活動との関連性から監視対象とされているとされている。 2013年に連邦捜査局 (FBI) はオンライン闇市シルクロードを閉鎖し、2850万米ドル相当を押収した[14]。 中国では取引の使用が禁じられ[15]、欧州銀行監督局は利用者保護に欠けると警告している[16]。 ビットコインの盗難は可能であり実例があるものの[17]、オフラインでの防止策でこうした危険性は減らせる[18]

現在[いつ?]の全般的な商業流通量は、価格変動を煽る投機目的に比べて小規模であるものの、実際に製品やサービスの支払いに使用されているとされている[19]。 一般的なクレジットカードの手数料2−3%に比べ費用が抑えられる点に魅力があり[20]、著名な営利法人での採用例としてはOkCupidRedditWordPressヴァージン・ギャラクティック[21]特定非営利活動法人アドボカシー団体ではフリーソフトウェア財団[22]WordPress[23]Tor[24]電子フロンティア財団[25] (EFF) などが挙げられるとされている。

頭文字の大小による意味の違いがあり、大文字表記 (Bitcoin) はプロトコルと取引ネットワークを、小文字 (bitcoin) は通貨自体を指すとされている[26]

仕組み

ビットコインには中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてピアツーピア・ネットワーク上で行われている。

ビットコインのすべての取引履歴はブロックチェーン[27]と呼ばれる台帳に記録される。ブロックチェーンはネットワーク上のノードに分散的に記録される。過去のすべての取引が記録されているため、これを見れば、取引の整合性を誰でも検証することができる。

取引の確認手続きとマイニング

送金者は、金額や受取人などの取引情報[28]を、ネットワークを構成するマイナー[29](採掘者)と呼ばれるノードにブロードキャストする。マイナーは、受け取った取引情報をブロックという形でまとめ、ブロックチェーンの末尾に追加する。ただし、新しいブロックを記録するためには計算量の大きな問題を解く必要がある。マイナーたちは競ってその問題を解き、最初にブロックを追加することに成功したマイナーだけが一定額の報酬を得ることができる。二重支払いなどの不整合性は、ブロックをブロックチェーンに記録する際に他のノードによってチェックされる。

問題は10分ほどで解けるように難易度が調整されており、送金者は、取引の整合性がマイナーたちによって確認され、ブロックチェーンに記録されるまで同程度の時間を待たねばならない。

流通するすべての ビットコイン通貨は、このようにマイナーへの報酬という形で市場に供給される。

入手方法

日本には、現在、両替所、取引所、販売所、ATMが存在しています。


一覧より